座長 五大路子 「第29回松尾芸能賞 優秀賞」受賞


【松尾芸能賞とは…】
松尾芸能賞とは、財団法人松尾芸能振興財団が日本の伝統ある劇場芸能を助成し、振興し、もって我が国独自の文化、芸能の保存及び向上に寄与することを目的とし、劇場芸能出演者、助演者並びに研究者や、演出、舞台・用具等所要施設関係技能者、音楽関係技能者、劇場芸能の公開、海外出演その他諸企業、などに与えられる賞である。

【第29回松尾芸能賞受賞者】
大 賞 草笛光子
優秀賞 中村芝雀、五大路子、桂歌丸、いではく
新人賞 山登松和、藤間万惠
特別賞 戌井市郎
功労賞 井上かづ子・井上政枝

【現場レポート】
日本の伝統ある劇場芸能を助成し、文化・芸能の保存、向上に寄与した人に贈られる「第29回松尾芸能賞」の授賞式が27日(木)、都内ホテルで行われた。


春の桜をイメージした会場は多くの招待者や関係者で賑わっていた。授賞式は、主催者である松尾芸能振興財団の理事長、松尾昌出子様のご挨拶で始まり、来賓祝辞として文化庁長官の青木保様よりお祝いのお言葉をいただいた。

 

授賞は、スライドとナレーションで受賞理由が紹介され、功労賞、特別賞、新人賞に続き、演劇優秀賞で五大路子は受賞。大賞は草笛光子さんでした。五大路子の紹介は、早稲田小劇場時代の様子や新国劇時代の写真、横浜夢座のこれまでの舞台の紹介などのスライドがが流れ、「新国劇の花形女優として数々の名作に出演、その後もテレビ・映画・舞台で活躍を続けてきたが、平成5年に横浜で一人芝居『ある市井の徒』を上演したのを機に、生まれ故郷の横浜発の演劇作りを企画、平成11年に地元の人々と共に演劇集団横浜夢座を結成し、これまで『横浜行進曲』『横浜ローザ』など優れた舞台を上演し、地域文化の振興に大きく寄与した」と表彰された。

 

その後の受賞パーティーでは、各受賞者と来場者との交流の場となった。受賞者インタビューの際には、五大路子は壇上に上がると、司会者の「今のお気持ちを誰に伝えたいですか?」という質問に対して、「横浜から演劇を発信しようと、様々な方々に支えられながらここまで来られたので、共に歩んできた仲間、そしてお力添えをいただいた皆様に伝えたいです。」と喜びを露にコメントした。