2006年

朗読劇〜白い顔の伝説を求めて〜

 

計り知れない高貴ともいえる雰囲気が異彩を放つ彼女

 

どうして、彼女はあんな格好でこの街を歩いているの。

なぜ、あんな白塗りをしているの。

 

彼女を見かけたその日その瞬間から

 

私のメリーさん探しが始まった。